組織概要 > 地域貢献情報

地域貢献に対する当会の考え方



当会は、大分県下を事業区域として、農業団体を中心とした地域の方々に相互扶助を共通の理念として運営する協同組合であり、地域農業の活性化に資する地域金融機関です。今日、企業は業務だけではなく、よりよい地域社会作りに積極的に関わらなければなりません。当会は、組合員・利用者の皆さまの経済的・社会的発展を目指しJAと共に信用事業を通じて最善をつくしています。



地域からの資金調達状況



当会の資金は、その大半が会員である県下JAからお預かりした、大切な財産である「貯金」を財源としていますが、地方公共団体・関連団体・企業・地域の皆さまからも幅広くご利用いただいています。県下JAの組合員・利用者の方々によりご利用いただくため各種キャンペーン等を企画・実施しました。



貯金残高 (単位:百万円)
2018年度 2019年度
県下JA 475,013 469,313
地方公共団体 13,189 4,307
その他 15,123 14,273
合 計 503,327 487,893






貯金キャンペーン


令和1年7月~8月 サマーキャンペーン2019
令和1年11月~12月 ウィンターキャンペーン2019を実施しました。
キャンペーン中は、チラシ以外に、TV、新聞などの媒体を活用し積極的にPRを行い多くのご契約をいただきました。

事業計画丸

事業計画丸



ローンキャンペーンの実施


県下JAの統一企画として「JAローン県下統一キャンペーン」を実施しました。
キャンペーン期間中は引下げ金利を設け、利用者の皆さまからご好評をいただきました。

貯金キャンペーン01


貯金キャンペーン02



JA年金ふれあいキャンペーン

JA年金なかよしキャンペーン




JA 年金感謝デー


JAで新規お受取り、お受取りのご予約の方へ先着でプレゼントを差し上げるJA年金ふれあいキャンペーンとJAで年金を受給中の方から紹介いただき、キャンペーン応募者の中から抽選で賞品をプレゼントするJA年金なかよしキャンペーンを実施し、年金友の会の会員の拡大を進めています。さらに、JAで年金をお受取りの皆さまに、6・10・2月の年3回合計約36,000本の賞品を差し上げる、お楽しみ抽選会を年金感謝デーとして実施し喜ばれています。

事業計画丸




地域への資金供給状況



県内JAやその関係団体への融資をはじめ、地域の農業者・事業主の皆さま・地方公共団体等にご利用いただいています。当会は、県下JAとの連携の下、JA信用事業強化の支援を行うとともに地域社会の発展に努めています。



貸出金残高 (単位:百万円)
2018年度 2019年度
県下JA 994 919
地方公共団体 21,884 21,190
その他 35,488 36,063
合 計 58,368 58,173



お客さま本位の業務運営に関する取組み方針



JAグループは、食と農を基軸として地域に根ざした協同組合として、助け合いの精神のもとに、持続可能な農業と豊かで暮らしやすい地域社会の実現を理念として掲げています。当会では、この理念のもと、2017年3月に金融庁より公表された「顧客本位の業務運営に関する原則」を採択するとともに、組合員・利用者の皆さまの安定的な資産形成に貢献するため、以下の取組方針を制定いたしました。今後、本方針に基づく取組みの状況を定期的に公表するとともに、よりお客さま本位の業務運営を実現するため本方針を必要に応じて見直してまいります。

1.お客さまへの最適な商品提供
お客さまに提供する金融商品は、特定の投資運用会社に偏ることなく、社会情勢や手数料の水準等も踏まえたうえで、お客さまの多様なニーズにお応えできるものを選定します。



2.お客さま本位のご提案と情報提供
(1)お客さまの金融知識・経験・財産、ニーズや目的に合わせて、お客さまにふさわしい商品をご提案いたします。
(2)お客さまの投資判断に資するよう、商品のリスク特性・手数料等の重要な事項について分かりやすくご説明し、必要な情報を十分にご提供します。
(3)お客さまにご負担いただく手数料について、お客さまの投資判断に資するように、丁寧かつ分かりやすい説明に努めます。



3.利益相反の適切な管理
お客さまへの商品選定や情報提供にあたり、お客さまの利益を不当に害することがないように、「利益相反管理方針」に基づき適切に管理します。



4.お客さま本位の業務運営を実現するための人材の育成と態勢の構築
研修による指導や資格取得の推進を通じて高度な専門性を有し誠実・公正な業務を行うことができる人材を育成し、お客さま本位の業務運営を実現するための態勢を構築します。



地域密着型金融への取組み(中小企業の経営の改善及び地域の活性化のための取組み含む)



「農業金融センター」の役割発揮
当会では、農業専門の地域金融機関として、JA・信連・農林中金が連携し、農家組合員・集落営農組織・農業法人への訪問を通じ、多様な資金ニーズに応えるべく金融対応力強化に取り組んでいます。
また、県下JAに農業金融サービスの提供窓口として資金相談・農業経営相談等の役割を担うため、農業融資の実務に即した資格を持つ「農業金融プランナー」や、農業融資の実務リーダーである「担い手金融リーダー」を配置し、担い手の相談等に対応できる体制を整備しています。


中小企業の経営の改善及び地域の活性化のための取組みの状況
当会は、農業者の協同組織金融機関として、「健全な事業を営む農業者をはじめとする地域のお客様に対して必要な資金を円滑に供給していくこと」を「最も重要な役割のひとつ」として位置づけ、お客様からのお借入れ条件の変更等のご相談やお申込みに柔軟に対応するよう、また、お客様からの経営相談に積極的かつきめ細かに対応し、お客様の経営改善への取組みをご支援できるよう努めました。「中小企業金融円滑化法」は平成25年3月末に期限を迎えましたが、引き続きこれまでと同様に真摯かつ丁寧に対応します。



金融円滑化実施状況 (単位:件)
2018年度 2019年度
貸付けの条件の変更等の申込みを受けた貸付債権の件数 126 130
うち、実行に係る貸付債権の件数 121 125
うち、謝絶に係る貸付債権の件数 0 0
うち、審査中の貸付債権の件数 0 0
うち、取下げに係る貸付債権の件数 5 5

※件数は、 法施行(平成21 年12 月)から各期末までの累積実績です。







農業者の所得増大・農業生産の拡大等に向けた取組み
JA自己改革の基本目標として掲げる「農業者の所得増大」「農業生産の拡大」「地域の活性化」の実現に向け、中央会が設置した担い手サポートセンターとも連携し、担い手の経営支援に取り組んでいます。また、独自支援策として、農業近代化資金等の借入時に必要となる保証機関に対する保証料の全額助成を実施しています。


農業関連資金への利子補給事業の取組み
農林中金と連携し、厳しい経営環境に直面する農業の担い手に対して借入負担の軽減を図ることで、農業経営をバックアップし、成長に向けた支援を行うことを目的に、農業関連資金に対して利子補給を行っています。


農業の経営支援に関する取組み
当会では、農業者の経営高度化の取組みとして、農業法人の経営者等を対象に、「JAバンク大分農業経営者セミナー」を開催し、経営課題の解決に向けた情報提供を行っています。また、農畜産物の付加価値向上応援に向けた取組みとして、関係機関と連携した商談会の開催や、農林中金とも連携したビジネスマッチングの提案を行っています。


新型コロナウイルス感染症に関する農業者への取組み
新型コロナウイルス感染症の影響を受けた農業者に対して、資金の円滑な融通等が図れるよう、令和2年3月より相談窓口を設置し、セーフティネット資金等を活用した資金繰り支援を行っています。また、農業者の借入負担軽減を目的に、農林中金、県内連合会と連携し、JAが取り扱うコロナウイルス対策資金に対して利子補給および保証料助成を行っています。



文化的・社会的貢献活動に関する事項



当会は、大分県農業の振興と地域社会の発展に頁献することを基本に、地方公共団体・関係団体と連携して地域に密着した活動を展開しています。当会は、地域の皆さまに親しまれる金融機関をめざし、金融サービス等を通じて、地域の振興と地域文化の発展に寄与したいと考えています。



年金相談会
高齢化社会を迎え、年金受給者は大幅に増加しています。当会は県下JAとともに地域福祉活動の一環としての年金無料相談会を開催し、新規に年金を受取られる組合員等地域の皆さまへの受給手続き相談、もらい忘れ年金の相談等を社会保険労務士と提携して積極的に取り組んでいます。2019年度は117回開催しました。
年金相談会



JAバンク大分ローン相談会
地域の皆さまのローンニーズにお応えするため、JAバンク大分ローン相談会を年2回開催しました。また、子育てや育児・健康に関する様々な情報を発信する「子育て応援すこやか家族博覧会」等の様々なイベントにJAグループ大分で協賛し、ローン相談ブースを設け相談に応じました。
JAバンク大分ローン相談会



農業融資相談会
8月7~8日、2月12~13日に開催された農機フェアにおいて、JAと共同で農業融資相談コーナーを設け、農業者や農業を始める方に対して、農機具等の購入にかかる資金の融資に関する相談に応じました。
農業融資相談会



相続セミナー・相続相談会
当会との契約先である「一般社団法人相続・事業承継研究所」の税理士による相続セミナー・相続相談会を2019年度は、2回開催しました。税理士による相続セミナーでは、相続の基本から、昨今の相続問題への対策など多くの内容があり、その後、相談希望者には個別に相談者の立場に立った親身なやり取りが行われていました。エンディングノートを受講者に配布しましたが、多くの方々がエンディングノートの大切さを実感していただき、相続セミナーを機会に相続に対し、考えるきっかけとなったと大変好評でした。
相続セミナー・相続相談会



年金友の会スポーツ大会
県下JAとともに、年金受給者を対象としたゲートボール・グラウンドゴルフ大会の開催など各種行事を通じて、地域の皆さまの融和と健康増進、心身の育成に貢献しています。2019年度は、県大会を11月7日に開催し、約430名の会員の方々により白熱した試合が繰り広げられました。
年金友の会スポーツ大会



「花の種」寄贈・配布
地域・社会貢献の一環として、交通安全意識の高揚と、明るくきれいな町づくりと植物を栽培することにより“育てる”ことの重要性を醸成するため、農林中央金庫大分支店、JAおおいたと共同で「花の種」を大分県交通安全協会へ寄贈し警察職員等と一緒に街頭で配布を行いました。
「花の種」寄贈・配布



補助教材贈呈
JAバンク大分では、平成20年度より、食農教育の一環として、教材本を贈っています。子供たちに農業の大切さを学んでもらうため、県下の小学校5年生を対象に11,000冊を大分県教育長に贈呈しました。
補助教材贈呈



ボランティア活動
役職員によるボランティア活動として、農業会館周辺や大分川河川敷の清掃活動等を通じて地域社会に貢献しています。
ボランティア活動




 
Copyright Ⓒ JA Oita Shinren All Rights Reserved